由利本荘市で建てる平屋で失敗したくない方必見!間取りプランをご紹介

由利本荘市で建てる平屋で失敗したくない方必見!間取りプランをご紹介

平屋住宅は一階だけで生活できることから高齢者に人気がありましたが、最近ではスタイリッシュなデザインの平屋も増えており、子育て中の若い世代にも人気があります。しかし、平屋住宅にもメリットとデメリットがあります。由利本荘市で失敗しない平屋住宅を建てるには、どのようなポイントに注意すべきしょうか?今回は、由利本荘市ならではのおすすめの平屋間取りプランの例と、理想の平屋住宅を実現するためのポイントをご紹介します。

コラム コラム

失敗しない平屋住宅の間取りの考え方

平屋住宅のメリットは、階段がないことで移動が楽であることや、梁見せ天井などにすることで、平屋でも開放感のあるスタイリッシュな空間が実現できることなどです。しかし、平屋住宅にはデメリットもあります。このため、平屋住宅の間取りを検討する際には、以下のようなポイントに注意する必要があります。

 

  • 敷地条件に合わせる

平屋住宅は、2階建てと同じ延床面積で建物を建てようとすると、敷地面積が広く必要になる傾向があります。そのため、建ぺい率など敷地条件を確認したうえで、それに合う間取りにすることが重要です。あるいは、建ぺい率が高くて平屋を建てるのに向いている土地を探すのも方法の一つです。ここでポイントとなるのは、自分で探したり不動産屋で土地を探すのではなく、平屋住宅の建築のプロ、つまり住宅会社に相談して土地探しをしてもらうことです。これにより、自分たちの希望する平屋を建てるのにぴったりな土地を間違いなくスムーズに探すことができます。また、住宅会社は土地の売買をサポートしてくれますが、その際住宅会社側には利益が生じないため、公平な立場でおすすめの土地を探してくれます。

 

  • ライフスタイルに合わせる

前述の敷地条件次第では部屋数など限られてくる場合があるため、家族構成や今後変化していくライフスタイルを見据えたうえで間取りを決めることが重要になってきます。例えば、引き戸で仕切って2部屋にできる間取りを採用し、初めは子供部屋として使用し、子供が独立したら引き戸を開け放って1部屋で使用するなど、変わっていく暮らし方に柔軟に対応できる間取りにすると良いでしょう。実際に、そのような間取りを採用した平屋の実例をご紹介します。

この事例の特徴として、

 

(1) 廊下を無くし、冷暖房効率を高める工夫をした

(2) 9帖の洋室を赤枠部分で仕切ることで、4.5帖×2部屋に

 

が挙げられます。また、屋根裏にある納戸は予備の部屋として使用したり、収納や趣味の空間としても活用でき、建物面積をコンパクトにしながら付けたいものや空間を採用したコストパフォーマンスの良い新築平屋住宅ができました。実際の写真は下記からご覧ください。

 

  • 予算から必要な間取りを考える

平屋住宅は2階建てと比べて、坪単価が割高になる傾向にあります。その理由は、一階分しか建てられないために土地に対して延床面積が大きくなる傾向があり、そうなると基礎工事や屋根の工事費用などが2階建てに比べて増えてしまうからです。一方で、総予算で見た場合はコンパクトな平屋の方が価格は抑えられます。これらのことから、予算に合わせて間取りを決めることが重要です。予算が限られている場合は無駄な空間を減らして、なるべくコンパクトでシンプルなデザインの平屋にすると良いでしょう。

 

由利本荘市でおすすめの平屋の間取り3選

次に、由利本荘市でおすすめの平屋の間取りプランをご紹介します。由利本荘市は、秋田県の南部に位置し、鳥海山や日本海に囲まれた自然豊かなまちです。特に、鳥海山は「出羽富士」とも呼ばれ、市内のどこからでも眺めることができる美しい景観となっています。今回は、地域での暮らし方から着想を得たオリジナルの平屋間取りプランを3つご紹介します。

 

  • 友達やご近所さんに自慢したくなる平屋

平屋住宅の間取りを検討するにあたり、由利本荘市出身のスタッフに話を聞いてみたところ、由利本荘市の方々は地元愛や仲間意識が強く、友達・仲間を大事にしているという印象を持ちました。そんなイメージから、休日に仲間と自宅でBBQを楽しめるように、お家の外側に約6帖の広さのタイルデッキスペースを設けました。タイルデッキなので、BBQの後は水を撒いてデッキブラシでガシガシお掃除できるのもポイントです。あえてオープンなスペースにすることにより、外側から見た方々に「楽しそうに過ごしているな」「こういう生活いいな」と共感してもらえそうな平屋に仕上げました。

 

  • プライベートを隠しながら家族時間を楽しむ暮らし

由利本荘市は、スーパーや飲食店が並んでにぎわっている場所の近くに住宅街があることも多いため、そんな環境の中でも子育てを終えた夫婦がプライベート空間を楽しめるように、というコンセプトで今回の間取りを考えました。道路沿いからは平屋の間取りが想像できないような外観に設計し、防犯性を高めています。一方で内観には14帖のLDKを採用し、隣の部屋は主寝室としていますが、ドアを開放して続き部屋としても◎。子供が孫を連れて遊びに来た時に、そのように開放して使えると、空間を広々と思い切り使って、のびのびと遊んでもらうことができます。外からは隠しながら、家族時間を楽しめる平屋住宅ができました。

 

  • 西目町でゆったり過ごせる4LDKの平屋

2世帯5人家族で暮らせる平屋の新築プランを検討しました。広くてゆとりのある土地への平屋は、それぞれのプライベート空間も確保しながら、LDKで家族が集まって団らんできる間取りに。大きな窓から見える日当たりのよいテラスでは、日向ぼっこや家族でBBQを気軽に楽しめます。また、それぞれの居室はクローゼット付きですが、それとは別にファミリークローゼットを設け、家族の季節ものの衣類をまとめて管理することができるようにしました。収納系はしっかりと確保しつつ、空間にゆとりを持たせた平屋ができました。

 

由利本荘市で快適な平屋住宅を実現するためのポイント

平屋住宅の間取りを考える際には、敷地条件やライフスタイルや予算に合わせることが大切ですが、それだけではなく、他にも注意すべきポイントがあります。

 

  • 省エネ性能を高める

平屋住宅は1階分しか建てられないために、建物の体積に対して外気との接触面が多くなります。このため冬は寒く、夏は暑くなりやすいです。その対策として、省エネ性能を高めることが重要です。例えば、断熱材や気密材をしっかりと施工したり、高性能な窓やドアを選んだりすると良いでしょう。また、太陽光発電システムを利用するのも良いでしょう。

 

  • ハザードマップの確認

平屋住宅は1階分しか無いために、2階建てと比べると水害に対しては弱いです。水害を止めることは難しいですが、事前にできる対策として、平屋を建てるための土地を検討している段階で、そのエリアのハザードマップを必ず確認しておきましょう。住宅会社に相談して土地探しを行う場合は、こういった面も考慮したうえで土地の提案がもらえるため安心です。

 

  • 防犯性を高める

立地によっては平屋住宅だと、2階建てと比べると周囲の目が気になる場合があるかもしれません。玄関を外から見えにくくしたり、植栽などで建物内の様子を分かりにくくする、防犯カメラやセンサーライトを設置するなど、できる対策は様々に考えられるため、土地選びの際に周辺環境をチェックしたうえで、間取りプランを考えるとよいでしょう。

 

まとめ

このコラムでは、由利本荘市で失敗しない平屋の間取りの考え方や、おすすめの間取りなどをご紹介しました。平屋住宅はメリットもデメリットもありますが、それらをしっかりと考慮したうえで計画することで、快適でデザイン性も高い住まいを手に入れることができます。弊社マスターピースでは平屋に最適な土地のご提案から、オーダーメイドの平屋住宅の設計・建築も行っています。また、コンパクトな間取りが人気の平屋の規格住宅プランも豊富です。由利本荘市での平屋住宅の新築に興味がある方は、ぜひマスターピースへお気軽にお問い合わせください。

>平屋の施工事例を見る

マスターピース公式LINE
マスターピース公式LINE

カタログ請求や家づくり・
土地探しのご相談は
全て無料で受け付けています。

マスターピースでは、お客様一人ひとり違う、適切価格で快適な家づくりを秋田県で展開しております。
ぜひお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

受付時間 9:00〜18:00(定休日は各店のページをご参照ください)